1. トップページ
  2. E-TALK

E-talk

ブラジルワールドカップの話

日本、苦戦してますね。

ギリシャ戦は、勝利を期待しての観戦となりましたが、 結果はドロー。
しかも、戦術が通用してないかの試合に、 その日は、まさにサムライブルーでした。ブルーの意味が 違いますが・・・。

しかし、他国の試合を見ると、全然違う気がします。
スピード、フィジカル、勝利への執念は、見ていて 映像からでも伝わる試合が多く見受けられます。

最近の試合では、アルゼンチン対イランの試合です。
イランの固い守りと、少ないチャンスで攻めるカウンター 攻撃は、勝利への執念を感じました。
怒涛の攻撃を 見せるアルゼンチンに対して、守るイラン。
何か、日本対ギリシャを彷彿させる試合だなと、 0対0のスコアレスドローかと、思ったアディショナルタイムでした。

なんと、アルゼンチンのエース、メッシのミドルシュートが ゴールネットを揺らしました。
イランを上回る勝利への執念が見えた、 素晴らしいシュートでしたね。

日本も、この試合のようになっていれば・・・と思いましたが、 まだ、可能性はあります。
可能性がある限り応援しましょうね。

国民の大半が「もう予選突破はない」と思ってるでしょうけど、 それは違うでしょう。可能性がある限り!です!

最後まで応援しなければ、国民とは言えませんよね。
勝利への執念を見せてほしい。そのためには信じましょう。

素晴らしい試合を見せてほしいものです。

ドラッグストアショーの話

今年のドラッグストアショーは設営中は雨に見舞われましたが、 会期中は昨年同様、晴天に恵まれ多数の来場をいただき 盛況の中、終了することができました。

多数のご来場、ありがとうございました。

4月は産業系の展示会が続きます。後半は毎年パシフィコ横浜で開催されるOPIE2014です。
弊社が会場施工運営管理を担当します。

まさに、準備の終盤を迎え、スタッフ一同、頑張っております。
弊社も4月に入り、第13期に突入です。

前期は新事業も立ち上げ、スタッフも増員し、邁進してまいります。

13期、飛躍の期になるよう頑張ります。

ドラッグストアショーの話

次世代ワールドホビーフェアin winterの話

先週末、次世代ワールドホビーフェアin winterが幕張メッセで開催され、 弊社主催のフードコートも大盛況で無事終えることができました。

天候が心配されましたが雨も無く、弊社がやらせていただいて 4回連続で「雨無し」の記録を更新しました。
本当によかったです。

回数をやらせていただく事に、来場者も増加し、どの店舗も混雑を極めています。
何度も話しますが、より慎重に運営をしなくてはなりませんね。

しかし、ゲーム業界は変わらずパワーがありますね。
新たなコンテンツが増えたり、根強いキャラクターの人気など、 衰えが見えません。
世界を見ても日本のゲーム業界はトップでしょうね。

昨年の末、近隣に「イオンモール幕張新都心」がオープンしました。
とにかく巨大で、イオンにホビーの来場者が流れるのでは ないかとの声もありましたが、まったく感じさせず、むしろ 「イオン効果」があったと思うくらいの混雑ぶりでした。

昨今、展示会やイベントが東京ビックサイトに移行する中、 老舗の幕張メッセが盛り上がるのはいいことですよね。

次回、弊社主催フードコートは、同じく幕張メッセで3月に 開催される「JAPANドラッグストアショウ」です。
例年通り、多数の来場者が見込まれます。 スタッフ一同、気合を入れて頑張ります!

多数のご来場、ありがとうございました!

次世代ワールドホビーフェア

新年、明けましたの話

2014年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

今年は、昨年の実績や行動を充実させる年にしたいと、 スタッフ一同、スタートを切りました。

世間では、冬季五輪やサッカーW杯など、ビッグイベントが 続きますね。熱い1年になりそうですね。

弊社も新規展開や体制、機能を充実させ、飛躍の1年に なるよう邁進してまいります。

本年も宜しくお願い申し上げます。

腹が立った話

あの…
残念なコメントを読んで感じたことです。※以下イニシャル表記

NファイターズのK山監督のコメントです。
昨年、パ・リーグの優勝を果たし、就任1年目で監督としての手腕を評価されました。

ドラフトでも逸材O谷選手を獲得し、二刀流で話題をさらい、シーズンに突入しましたよね。

それが、低迷を重ね下位という成績…。
予想し難い結果になったことはご存知でしょう。

そのK山監督が原因として発したコメントに腹が立ちました。

※以下K山監督のコメント

「一番悪いのはオレとY川」

Y川とは昨年からエースピッチャーとして君臨。MVPも獲得した選手です。
しかし、今シーズンは7勝14敗と大きく負け越しました。
Y川投手の成績に関しては、全て結果でありチームの成績が降下したのも要因として当然あるでしょう。

しかし、一監督、一責任者が世間に向けて名指しで公表する。ありえませんね。
奮起を期待しての意味があるのかもしれませんが、個人に責任を負わせるのはTopとしてあるまじきことです。

去年は良かったけど、今年は駄目。じゃあ毎年駄目だったら「オレと●●」になるんでしょうか。

監督はチームの舵取り、組織での中間管理職、選手にとっての上司にあたるわけです。
それを一部下に責任を押し付ける、しかもメディアに公表する。考えられない感覚ですね。

「一番悪いのはオレ」で止めてほしかったですね。
かっこ悪いな〜と思ってしまいました。

結果が全て。それは理解できます。
感情を公表してしまったK山監督。
経営者として、同じ舵を取る者として残念ですね。

東京ゲームショウの話(その2)

毎年、東京ゲームショウが終わると秋が深まります。
今年も壮絶な現場でした。

平日のビジネスデーで会場を一回りしましたが、 プレステ、xbox、パズドラ等の目玉ブースに注目が集まり、 スマホ対応の通信系のコンテンツが比重を高く占める 次代の交代が露出した感じでの開催でしたね。
時代の流れですね。

9ホール弊社企画のフードコートではコナミ様ブースとの コラボ企画も盛況に終わり、隣接ゾーンによしもと芸人ステージも あってか、多くの芸人さんもフードコートを利用いただいた みたいです。

弊社スタッフも過酷なスケジュールの中、各人が非常に 頑張ってくれました。
いつもはヘッド核が指示をして 動くことが多いですが、今回は弊社担当ブースが3箇所で チーム分かれてのポジションで更に臨時の派遣さんと組んでやるという、 自らが指示を出す立場に追い込まれました。

そんな中、それぞれが想像以上の活躍をしてくれ、 非常に頼もしく、たくましく業務を遂行してくれました。

そして、弊社に協力してくれた臨時スタッフの皆さんにも 感謝です。
いやな顔ひとつせず全力で仕事をしてくれ、 貢献してくれました。

一丸となって乗り越えたゲームショウ。
それぞれが経験し、成長させてくれるお仕事ですね。

東京ゲームショウ

東京ゲームショウの話(その1)

台風一過。

さぁ、今年も東京ゲームショウが始まります。
明日からの設営、搬入を控え、準備も大詰めです。

今年は、弊社の担当スペースが一挙に増えました。
8ホールの出展に加え、3ホールのドリンクブース、 そして、今年から幕張メッセ9ホールに新設された、 ファミリーゾーンに弊社企画のフードコートが登場します。

日頃から事務局様とは色々なお話をさせていただき、 これまでの実績を認めていただいたのでしょうか。
今回の新たなゾーンに弊社をご指名いただき、本当に 嬉しく思っております。

更に、コナミ様ブースとのコラボレーション企画が実現。
「オレカバトル」と弊社フードコート「食の花道」が合体し、 会場を盛り上げます。

只今、深夜。
これから幕張に乗り込みます。
天気は・・・良さそうです!

続きはまたお話します。

祝!2020年東京オリンピック開催決定の話

思わず叫びました。

8日未明、当然ライブで決定の瞬間に立ち会うことができ、 本当によかったです。

私としては兼ねてから東京開催が決定して、我が社が乗っていけるよう、 目標を掲げ動いていました。
詳細は近日公開ということで。

私事としては、上京して20年。
会社を設立して11年。
そして、オリンピックまで7年。
その時は50歳。

東京で頑張ってきた意義が、生かされるよう突っ走るつもりです。
笑って開会式が見れるといいですね。

そして、日本全国がひとつになって7年後を迎えられたら いいですよね。

弊社的には・・・まさに、「始動」。
近日公開します。

大移動の話

これまでに移動の話はしましたが、今回の移動は今までで 最高距離ではないでしょうか。

前回の話、プロ野球オールスターゲームの開催地、福島県いわき市から宿泊地の同じ福島県の郡山市を翌日に出発。
一路、東北自動車道を東京へ。

東京の弊社倉庫がある新宿区早稲田に到着後、機材の積み替え作業。
弊社スタッフが必死の作業をしてくれ、夜20時頃東京を出発。
一路、東名高速自動車道を大阪へ。

朝方の4時頃、大阪に到着。仮眠を取り、午前中の打ち合わせを終え、 一路、山陽自動車道を広島へ。

広島でスタッフが2名下車。そして1名乗車。
再び山陽自動車道を一路、イベント会場のある九州小倉へ…。

そんな中、東京から同乗のS君が「行ったこと無い下関に行きたい」と ナイスプランをぶち上げ、その日の最終宿泊地は本州最西端の下関に決定。
気分一新、山陽自動車道を下関へ。

下関で入った関門海峡を見ながらの風呂は最高でした。
さすがに昨日福島県に居たのに翌日は下関は不思議な気分でしたね。 陸路なだけに余計にそう感じたんでしょうね。

翌日、イベント会場の小倉へ到着。 なぜか疲れはありませんでした。
その理由は、同乗してくれたS君を始め、独りではなかったからですね。

独りだと…無理!

プロ野球オールスターゲームの話

プロ野球オールスターゲームのフードイベントに参加しました。
会場は福島県いわき市。福島の復興祭イベントとオールスターゲームが、 ジョイントするという、弊社としては2年振りの震災復興イベントです。

イベントの一つに「食のオールスター」と題し、飲食ブースが お客さんの投票で順位を決めるという、弊社としては初めてと 言っていいレース的なものがありました。

弊社の結果は12球団ご当地グルメ部門で3位。 お客さんの評価にスタッフも喜んでました。
ご投票いただいた皆様、ありがとうございました。

被災地のいわきでのオールスターゲームは非常に盛り上がり、 県民の方々も笑顔で試合を見ている様子が印象的でした。

試合終了と同時にゲリラ豪雨。
撤去は楽しかった〜。みんなずぶ濡れ状態!

しかし、中止にならなくて本当によかったですね。

プロ野球オールスターゲーム

次世代ワールドホビーフェアin summerの話

今年も熱い夏が始まりました。

次世代ワールドホビーフェアin summerが先週の土日に 幕張メッセで開催され、前回を大幅に超える多数の来場で賑わいました。

弊社設置のフードコートも今回で3回目。
運営事務局の小学館集英社さんを始め、スタッフさんにも多大なるご協力をいただき無事問題なく、大盛況で終えることができました。

上記のように、3回目をやらせていただき、運営サイドの皆様には フードコートの状況を考慮いただき、ご配慮には本当に感謝です。

最初は弊社にも不安があったと思いますが、今回は現場を一緒に やってる、一体感のようなものを強く感じました。

弊社の持ち場に対してベストを尽くすのは当たり前ですが、 主催者様側のご理解や瞬時の判断、対応には本当にありがたいです。

更に、安全安心を第一に喜んでいただける空間を創って行きたい。
再確認できた現場でした。

多数のご来場、ありがとうございました!

次世代ワールドホビーフェアin summer

ゴールデン「ピーク」の話

激しい日々が続いたもんです。

3月から毎週のように現場を経て、4月は毎年開催の弊社会場全体管理を担当する展示会「OPIE」、パシフィコ横浜での1週間を終え、翌日の始発で 大阪入り。
4年に1度の祭典「食博覧会」をゴールデンウィークの11日間を終了し、少し落ち着いたところでです。

弊社としてはゴールデンウィークならぬ、ゴールデン「ピーク」と言ったほうが ふさわしいでしょう。
まさに2013年、前半のピークでした。

今年の横浜は規模も拡大し、セミナーや国際会議も充実、内容の濃い 現場でした。
弊社としては、大阪の設営と横浜の会期が重なり、 スタッフも大阪に集結し、私は一人で横浜を対応。
15年目にして 初心に返ることができました。
来年は更に規模が拡大する予定なので、 弊社としても体制を強化して挑むことが必須事項です。

がらりと変わり、27日から大阪に乗り込み、フードイベント事業を こなす日々。
スタッフと合流し仕事一色の日々でした。

4年に1度の祭典ともあって、規模はインテックス大阪全館を使用。
来場予定者数も65万人という、ビッグイベントでしたね。

弊社は8業者さんを担当。ブースもテーマを掲げ、ちょっとした 装飾を施しました。
デザインコンセプト「食の花道」。
サブキャッチ「日本のグルメが食の花道を飾る」と銘打って、 ブースを立ち上げました。

なかなかの高評価で、このコンセプトを定着するよう、今後も様々な開催場所で使用していくことにしました。

「食の花道」=イー・ストリームのフードイベント

といった感じです。
一見、「和」のイメージが強いかと思われがちですが、「和」と いうより「日本」を意識してデザインしましたね。
昨今、メイドイン ジャパンの重要性がよく議題に上がってるようですが、それが、 少しでもアピールの場として活用できればうれしいですね。

しかし、弊社スタッフのみんなも本当によく頑張ってくれました。
長丁場でしたが、得るものも多かったと思います。
弊社としても 今後の展開に楽しみな話や、いい出会いもあったりで収穫が多いGWでした。

現在、神戸へ新幹線で移動中。気分が悪くなってきたのでこの辺りでやめておきます。

■OPIE横浜
OPIE横浜

■食博
食博

page top