1. トップページ
  2. E-TALK

E-talk

≪前のページ  |  トップ  |  次のページ≫
東京ゲームショウの話(その2)

ビジネスデイの空き時間に会場を1周しましたが、 PlayStationブースは多くの来場者が集まっていました。

中でも、バーチャルリアリティーシステムとして開発中の バイザースタイル「Morpheus-モーフィアス」の発表には 興味を持ちました。
ヘッドマウントユニットを頭に被ると、 プレイヤーに迫力の3Dが出現し、映像が360度全方向に 変化するとのこと。
ゲームは全く興味の無い私ですが、 進化が凄いなと思いました。
メディアのみの体験でしたが、 是非、体験したいと思ったコンテンツでした。

ブースもデザインに「品」があり、運営もしっかりとした いいブースでした。

東京ゲームショウの話(その2)

東京ゲームショウの話(その1)

先日、幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ」内、 弊社運営のフードコートでは、多数のご来場、誠にありがとうございました。

今年もゲームショウは激しかったですね。
ビジネスデイも多数の来場があり、土日開催となったフードコートも、9ホールに移行しましたが、 多数のお客様がご来店されました。
来年以降も認知されれば、更に多くの方にご来店していただけるかなと思います。

しかし、一般公開日の早朝は秋雨が降り、気温も冷え込んだのにも 関わらず、例年通りの幕張メッセ外周行列ができました。
ほんと、ゲーム好きの方々には天気は関係ないですね。

東京ゲームショウの話(その1)

JAPAN DIY HOME CENTER SHOWの話

先週末、幕張メッセで開催された「JAPAN DIY HOME CENTER SHOW」内、 弊社運営のフードコートでは、多数のご来場、誠にありがとうございました。

28日(木)からのビジネスデーから、週末の一般開放まで、様々なお客様に 楽しんでいただきました。

JAPAN DIY HOME CENTER SHOWの話

広島市土砂災害の話

甚大な被害が出てしまいました。
まずは、広島市土砂災害により被害に遭われた方々にお悔やみ及び、お見舞い申し上げます。

発生時、私は仕事で実家のある広島に滞在中でした。
実家は被害が多く出た広島市安佐南区と西区が隣接する境界にある町にあります。

8月19日の20:00から広島市中心部で激しい豪雨が 降り始め、雷鳴が頻繁に鳴り響く中、2時間は続いたでしょうか。

22:00頃には一旦止み、スタッフと未明8月20日の零時頃まで 食事をしていました。
雨も落ち着き、「凄まじい雷鳴と豪雨だった」 という会話をしながら、1:00頃、実家へ。
実家は市街地中心から 5キロ程の距離です。
タクシーで5分走ったあたりで、走行不能な くらいの豪雨が降り始めたのです。

実家へ到着した際は、まさにバケツをひっくり返したような豪雨。
でも、「東京でもよく経験してるゲリラ豪雨か・・・すぐに止むだろう」 そんなことを思いながら、寝支度をしました。

しかし、1時間過ぎても止みません。
私も両親も雨音で眠れず、 止むのを待つしか無い状態でした。
私はアプリにあるアメダスを 確認。
すると、山口県方面から続々と雨雲が流れてくることを 知り、これは尋常ではないと感じたのを覚えています。

実家の上に10軒挟み裏山がある地形ともあり、土砂崩れが発生しないか とは思いましたが、自主避難するという発想は浮かびませんでした。
ただ、ひたすら止むのを待つしかない状況でしたね。

雨音が静まりだしたのが、早朝4時頃だったでしょうか。
少し睡魔がきて眠りかけたころ、消防車のサイレンで睡魔も 去り、続いてヘリコプターの轟音が鳴り響きだした時に、 「何かあったのか」と思い、テレビをつけた瞬間、隣町で 土砂災害のニュースが飛び込んできました。

時間を追うことに、続々と被害状況が明らかになり、 えらいことになっていることを知りました。

6時過ぎからは、心配しての連絡を多数いただき、8時に出勤。
大渋滞の中、普段15分の場所を1時間半かけて到着。 川は濁流で今にも氾濫するかの状態でした。

振り返ると、同じ量の降雨があり、裏山を抱える地形で 紙一重の状況だったんだなと、改めて恐怖を感じましたね。
裏山からは濁流が道路を流れ、なんとか耐えたという感じでした。

あの時、危険を感じ、非難することさえ発想が無く、 だだ止むのを待つ状況。
身の危険を感じ、判断することは できなかった。
結果的に被害は無かったものの、 これは、今後の教訓として生かさなければなりません。

≪前のページ  |  トップ  |  次のページ≫

page top